=やき先生のプロフィール=

 

 

〇専門分野 特別活動、生徒指導、体験活動、学校・学級経営、教職論

〇経        歴 

    昭和44年4月 埼玉県公立小学校教員となる。

    昭和64年4月 埼玉県草加市立小山小学校教頭

    平成 3年4月 草加市教育委員会学務課課長補佐

    平成 4年4月 埼玉県草加市立氷川小学校校長

    平成 6年4月 文部省初等中等教育局教科調査官

    平成12年4月 文部科学省初等中等教育局視学官(教科調査官併任)

    平成16年4月 独立行政法人 国立妙高少年自然の家所長

    平成14年4月 目白大学非常勤講師(~平成16年3月)

    平成17年4月 日本体育大学体育学部教授(~平成21年3月)

    平成21年4月 國學院大學人間開発学部教授(~平成27年3月)

    平成25年4月 城西国際大学看護学科非常勤講師(~令和2年3月)

             平成27年4月 國學院大學人間開発学部兼任講師(~平成28年3月)

    

 

 

    

 

 

≪教員時代≫

6年生の担任時代(卒業文集を手に持って)


≪校長時代≫

卒業式にて


≪調査官時代≫


≪國學院時代≫

「学校・学級経営論」の最後の授業

 

 

○宮 川 八 岐 の主な著書

 

 単 著

  (特別活動論)

     「学級会で子どもを育てる」 (文渓堂)平成27年改訂版

       「新小学校教育課程講座:特別活動」 (ぎょうせい)平成11年

           「個を生かす集団活動と学級文化の創造」 (東洋館出版)平成9年

      「21世紀型特別活動の実践構想」 (明示図書)平成13年   

    

  (童話)

     「八岐先生の学校童話集(6編)」(文溪堂)令和2年10月  など

                              

 

 共編著:

      「小学校教育課程講座:特別活動」(ぎょうせい)平成21年

        「小学校学習指導要領のポイントと展開(特別活動編)」(東洋館出版)平成20年

          「特別活動で進める食育プラン」(明示図書)平成18年

        「個性を生かす教育と集団指導」(教育出版)平成15年

        「新しい生徒指導の経営戦略」(教育開発研究所)平成14年   など

 

 

                 指導資料

      ◎文部科学省・国立教育政策研究所編  

      「特別活動指導資料: 明るく豊かな学級・学校生活をつくる特別活動(小学校編)」 

       作成協力者:編集代表(平成27年)

 

 

 

―私が現在、指導に入っている特別活動研究に取り組んでいる学校が、

  テキストとして活用しているのが、①と③の改訂版。

 

 


「学級会で子どもを育てる」

(豊富な事例とその解説など)

 

第1章 戦後教育における学級会

第2章 学級会の教育的意義とその指導

第3章 実践事例12に学ぶ

ー 絆を深めより良い学級社会を作る学級会

 

 

 

 

 

 

 

 

宮 川 八 岐・著

(文渓堂)

 

「やき先生の学校童話集」

だるま学級物語 ほか五編

第1話(1年生のお話) 

   金魚のおうち

第2話(1・2年生のお話)

   サミーさんがやってきて

第3話(3年生のお話)

   お年よりの人たちとの交流

第4話(4年生のお話)

   手作り紙芝居の発表会

第5話(5年生のお話)

   最高のオリンピックをしよう

第6話(5・6年生のお話)

   だるま学級物語

 

・小学校1年生から6年生までの 

 学級会物語

 

宮川八岐 ・著

こぐれけんじろう・絵 



「特別活動 指導資料 (小学校編)」

(各内容の解説一手引書)

 

 

 

 

 

 

作成協力者:編集代表

 


 ◆最近の主な論文の中から

               ・文部科学省「初等教育資料(特集Ⅱ論説)」『個が生きる集団活動の意義とその指導』 (令和3年4月号)

                   ・日本教育会:月刊誌「日本教育」(特集)『人を育てるー要求し提供もして、実践を見届ける』(令和3年2.3月号)

                 ・文溪堂「道徳と特別活動」『総論:学校行事や児童会活動・クラブ活動を通して

                     児童に育成する資質・能力ー多様な集団活動を通してー』月刊誌 (令和3年2月号)

         ・日本特別活動学会「紀要28号(特集論文)」

      『「小中一貫の学級活動」の教育的意義と課題ー中学校区(小中合同)による授業交流の広がりをー』(令和2年3月)

 

        ・文溪堂「道徳と特別活動」『総論:学級会のオリエンテーション(児童・教師間)をどうするか』月刊誌(平成31年4月号)

       

       ・ぎょうせい「シリーズ「次代を創る「資質・能力」を育む学校づくり」第2巻

                                        『(第9章)新教育課程の基盤をつくる学級経営』」(平成29年7月)

 

     ・文部科学省「初等教育資料(特集論文Ⅰ)」『豊かな人間関係を基盤とした教育活動の重要性と意義』(平成28年3月号)

  

 ・文渓堂「道徳と特別活動」『学級担任が行う1年間の学級活動(2)の指導』月刊誌(平成27年度連載)

 

 ・日本特別活動学会「紀要24号(特集論文)」『学力形成の基盤としての特別活動』(平成28年3月)

 

 ・信濃教育会「信濃教育」『「学級活動の授業力の向上をー魅力ある学校・学級生活づくりを目指してー」』(平成26年10月号)

 

 ・埼玉県特別活動研究会「研究集録第53集」巻頭論文『豊かな学校・学級生活を創造する特別活動の展開』(平成26年3月)

 

 ・日本特別活動学会「紀要20号」(特集論文)『自治的活動の充実を図る特別活動の推進』(平成24年3月)

 

 ・全日中会報機関誌「中学校」№711『体験活動の意義と教育課程への位置付け』(平成24年12月)

 

 ・文部科学省「初等教育資料(論説Ⅰ)」『長期宿泊活動の教育的意義と課題』(平成22年3月号) 

 

 ・(財)学校教育研究所:学校図書「新しい教育課程における言語活動の充実」『第3章 特別活動』(平成22年2月)

 

 ・文部科学省「生徒指導提要」『特別活動における生徒指導』(平成22年4月)

  

 ・一藝社「子ども学講座5子どもと教育」『学級経営』(平成21年10月)

 

      

                                                                                                   など

 

 

 

  ◆これまでの講演活動など

    〈学校経営等〉

      ・ 管理職研修

      ・ 学年・学級経営研修会

      ・ PTA活動研修会

      ・ 人権教育、生徒指導などの学校課題研修会     など

 

 

         〈教育課程など〉

     ・ 特別活動に関する講演

     ・ 学級活動授業研究会の指導助言   など

        ・    体験活動の指導法

 

  宮 川 八 岐の指導の下に長年、学級活動の授業研究に取り組んでいる学校 

 

                  

      

      ・ 千葉県立八千代市立大和田小学校(26年目)

      ・ 栃木県那須塩原市立東原小学校(12年目)

       (現在、黒磯中学校区小3、中1で授業研究を実施)

                  ・    千葉県市川市立宮田小学校(6年目)

      ・ 埼玉県坂戸市立片柳小学校(6年目)

       ・ 栃木県鹿沼市立北押原小学校(5年目)

       (現在、北押原中学校区小3、中1で授業研究を実施)

      ・ 埼玉県富士見市立鶴瀬小学校(5年目)

      ・ 埼玉県三郷市立八木郷小学校(4年目)

      ・ 埼玉県毛呂山町立川角小学校(3年目)

       (現在、毛呂山町立川角中学校区で小中合同研究を実施)

      ・ 栃木県那須塩原市立箒根中学校(3年目)

       (現在、箒根中学校区で小2、中1で合同研究を実施)

      ・ 埼玉県熊谷市立大里中学校区による研究

       (熊谷市立市田小学校(3年目)、吉見小学校(2年目)、大里中学校(2年目))

      

                                    など。  

      (令和3年2月現在) 

 

 

 

 

 

 

 

宮 川 八 岐へのご連絡はこちらをクリックしてください。  ➡ お問合せ先

やき先生の写真館へはこちらをクリックしてください。 ➡ やき先生の写真館

最初のページに戻りたい方はこちらをクリックしてください。 ➡ こちら